パチスロ界では色々な規制が行われ、新基準機の台が次々と登場しています。
本来新台入れ替えが行われると多くのお客さんが集まり大変賑わうのですが、大量に導入されることが少なくなった昨今では、打てる人が限られるので必ずしも開店前に並んでいる人が新台を打つとは限りません。
そのため多くのお店が看板機種に力を入れているので、勝ちたい人はそれを見分けることが大切です。

5号機は1月末までにはすべて撤去される予定

全国的に人気のある台というのは少なくなり、お店で力を入れている人気台というものがあります。
最後になりつつある5号機は1月末までにはすべて撤去される予定ですが、それまで稼働することができるので多くの店で人気となっています。
その理由は新しく出てくる6号機には出玉制限があるので、出玉制限のない5号機を設置している期間は、多くの人に人気です。
その影響でお店も力を入れていることが多く、5号機はまだまだトップクラスの人気機種となっています。
そのため朝から多くの皆さんがそのような台をめがけて入場するので、何を打ちたいか迷っている人は5号機に力を入れているお店をお勧めです。
出っぱなしの状態になるということは、お客にとって大変魅力的なのでこれがなくなる前に打っておきたいという人が大変多く、パチスロを打つ人なら外せない機種ではないでしょうか。
しかしもうすでに撤去対象になっているので、ホールにおける割合があり期限ではなくても台数を減らさなければならなくなっています。
打てるのも今の間なだけなので、まだ打ったことのない人や楽しんでおきたい人は、そのような台に力を入れているお店を探して打ちましょう。

6号機にはリミッターのある台が次々に色々なスタイルで登場

このような状況でもパチスロの人気機種は5号機全体と言っても過言ではありません。
好きな台を最後まで納得できるまで打ち付けるのもいいことです。
先ほども言いましたように5号機は撤去対象になっています。
ですから全国のホールではどんどんはずされていますが、6号機にはリミッターのある台が、次々に色々なスタイルで登場しているのです。
初期の頃はユーザーからすると多くの人がワンパターンで少し抵抗を持たれた方もおられましたが、全てが同じようなスタイルというわけではなくなってきて、新しい基準の台が登場しているので、その魅力も少しずつ上がっています。
数年前まで全国的に人気のあった台の後継機として登場した台に、力を入れているお店も増えてきて、今では大変稼働が多くなり朝から並んでも座れないということもあるくらいです。
6号機は面白くないと思っていた人も、この台の発売と同時に戻ってきた人もたくさんおられます。
初期の6号機は低設定ではなかなか当たりを引くことはできませんが、一度当たれば大量のメダルを獲得することができました。

Aタイプと呼ばれる機種も人気

高設定であれば基準があるため初当たりは軽いのですが、一度に獲得するメダルは少ないということが特徴です。
そのため多くの人がすぐに高設定か低設定かがわかってしまうために、開店時にはいっぱいだったお客さんも昼前にはいなくなってしまうということも珍しくありません。
しかし最近の6号機は一度に獲得する枚数が減った分、高設定でも低設定でもある程度のメダルを獲得することができるので、ゲーム性の面白い台が増えています。
5号機の後継機といった台が次々と発売されるなか、Aタイプと呼ばれる機種も人気です。
こちらは昔からいわゆる出っぱなしということはありませんが、ビッグボーナスやレギュラーボーナスというものがあり、大当たりをすれば確実にその枚数を獲得することができます。
こちらも6号機になると獲得枚数は減りましたが、回す回数が増えているので以前よりも大変遊びやすくなっています。
初心者の方やこれからパチスロをやってみたいという人に、大変お勧めの台です。

おすすめ: